猫好き占い師♂のつぶやきと毒と諸々と…          麻亜樹お問い合わせ先mars_mail_address¥     yahoo.co.jp     迷惑メール対策の為、途中の¥を@(小文字)に変えて送信して下さい。


by e-mars
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

素敵な頂き物。

今日は仕事で川越へ。

その前にいつも僕の仕事を応援をしてくださる上福岡のフラワーショップ MOTOKA さんに寄りました。
こちらのオーナーさんとはもう5年以上のお付き合い。
今までいろいろ花を扱う方々とお仕事をしたり、懇意にさせていただいてきましたが、こちらのオーナーさんの花に対する想いや、そのアレンジのセンスの素晴らしさは群を抜いているといつも感じます。

正直、とても良心的すぎる値段で、その点もビックリ。余所だったらこんな素敵なのもっと高いですよと思うわず言ってしまう様なアレンジを良心的すぎる値段で提供されるのです。

いつもそうした素敵なアレンジを見させていただくのだけれど、見ているとついつい欲しくなってしまうのも事実。
そうした心が顔に出てしまっているのか、今までにも沢山の花束をプレゼントしていただいちゃいました。
本当に、感謝感謝なのです。
で、今日もオリーブの苗木があったので、買わせていただいて、アレンジの作成を見学していたら、アレンジに使うつもりで仕入れたオレンジの薔薇とオレンジの百合があるの…と言って、パパっと花束を作ってお土産にと渡して下さったのです。
僕は薔薇が大好きなんですが、オレンジの薔薇は初めて見ました。それとオレンジの百合も。
思いがけず、素敵なプレゼントで、また感謝。

花って見るものを癒すだけでなく、花が部屋にあるだけで、心を豊かにしてくれる気がします。
とっても素敵な花束だったので、帰宅して花瓶に合う長さに調整して、リビングのどこからでも目にできる場所に飾りました。
せっかくだから、その素敵なお花をこのブログをご覧の皆様にも画像でおすそわけしますね。

アレンジや花束を贈るならとてもお勧めのお店です。
フラワーショップMOTOKA
ふじみ野市上福岡1-11-1
電話049-263-7800
営業時間 午前10時から深夜2時。a0107807_26853.jpg
[PR]
# by e-mars | 2013-03-31 02:08 | 日常の出来事

ちょっと感心。

先般、葬儀で従姉妹達とそれぞれの娘たち、さらには従姉妹の孫にあった。

従姉妹達はともに嫁に行っているし、年齢も自分よりずっと上だから当然、その娘たちも20代から30代位になる。
従姉妹達の娘達にあったのも何十年ぶり。彼女たちが子供の頃、法事であったくらいだからその成長ぶりにビックリ。皆かなりの美人さんたちだったのもまたびっくり。
自分も歳をとるわけです。

でも一番、感心したのは3歳になる従姉妹の孫娘。あまり子供が得意でない自分から見てもとってもかわいいだけでなく、性格がいいんだなと判る素直さと屈託のなさ。
葬儀という重い空気の中で天真爛漫さが大きな救いでもありました。

で、その子。控室ではよくしゃべるのに、読経の最中とかはちゃんとおとなしく黙って座ってる。
それに咳が出る時はちゃんと手を口にあてて咳エチケットを守ってる。

今、電車の中にいれば、人に咳を吹っかけても平気な人が沢山いて、あきれるばかり。昔は咳をする方がマスクをしたのに、今では咳をする人を避けたい人がマスクをしなければならない主客転倒の様相。
そんな時代からこそ、3歳の娘がきちんと咳エチケットを守っている姿になんか感動してしまいました。

人は同じような人間を周りに集めます。仏教では眷属ともいいますけれど。
3歳の娘がきちんとこうしたマナーを身につけているということは従姉妹の娘もまたそうしたマナーをきちんと身につけているということ。
当然、彼女たちの友人や周りはそうしたことを気にかけることが出来る人が集まっているんだなと思うのです。
小さいうちからこうしたマナーを当たり前として身につけることは、成長した後、きっとちゃんとした躾を受けたきちんとしたお家のお嬢さんと必ず評価がかえってきます。

人事の方とお話しする機会も仕事が多いのですが、なんだかんだいってもそうしたマナーや常識を最終的に人の判断の材料にしている会社や担当者は多いのです。
同じ優秀さの中で優劣をつけるなら、常識やマナー、きちんとしたつけを身につけた人を優遇するわけですね。

周りもそうだから…ではなく、周りがそうでも自分はちゃんと他者を気遣う…。そうした心が持てる人間が増えると世の中もっと生きやすくなるのですが。
[PR]
# by e-mars | 2013-03-29 01:33 | 日常の出来事

お山の大将。

自分の能力や仕事に自信を持つこと自体、決して悪い事ではありません。
自負心や自信が更に大きな結果や成功を引き寄せるという事例は多々ある事。

ただ、そうした自負心や自信と表裏一体にあるのが我欲や意味のないプライド、思いこみなのかもしれません。
本当の大物は、どんなに高い評価を得ても、またそうした立場に立っても謙虚さを失わないもの。むしろ、他者の言葉に真摯に耳を傾ける姿勢を保ち続けるものなのです。

でも自分は大物だと平気で言ってのけたり尊大にふるまうばかりの人が如何に多いか…。
仮にその方が何らかの高い評価を仕事なりなんなりで受けていたとしても、人としての質がそれでは本当の意味での崇高さなんて出てくるわけがありません。

威張ったり、尊大にふるまうなんてことは多少、経済力があれば中身が無くたってできる。
本物か否かの差がそうしたところに出てくるのだと思うのです。

自分がどんなに凄いと自己宣伝をしていても、それを支えるのはその人の周りのイエスマンだけなら、それは本当に価値ある事でしょうか?

会う人がみなその人を好きになるというか、すごいなと感じる様な人こそ、本当の意味の大物なのだと思うのです。
でもそういう人が如何に少ないか…。そういう人になりたいものです。
[PR]
# by e-mars | 2013-03-27 02:27

季節を愛でる。

首都圏は桜、満開の処が多いですけれど、花見はされましたか?
自分は今、母が入院中でいろいろあわただしいのですが、そういう時だからこそ、自宅近くの桜並木へ出向いて花見をしてきました。

満開の桜を見ると、あぁ春だな…と感じます。こうして季節の移り変わりを自分の意識にしっかりと取り込むことは実は運気の展開に非常に良い効果があるんです。
運気というものの動きは季節と連動し易い傾向が強いんです。だから季節が移ればおのずとその方の運気の流れも変わり易くなるわけです。

季節の移り変わりを意識に取り込むと、自然と時間の流れや状況の変化を心が受け止めやすくなります。
そうすると、周辺の変化や展開に気づきやすくもなるのです。

季節を愛でる事は実は運気の早い展開にもつながるので、新たな展開を待つ人ほど意識的に季節を愛でて運気の流れを早めることが得策ですね。
[PR]
# by e-mars | 2013-03-26 04:24 | 仕事の現場から…
今日はお客様からご招待をいただいて、オーチャードホールで公演中のKバレエカンパニー公演、シンデレラを見てきました。

正直、バレエを見てこんなに感動したのは初めて。何度となく目頭が熱くなりました。
ストーリー展開はもうよく知ったシンデレラそのもの。バレエですからセリフがあるわけではなく、踊りと音楽、舞台演出が全てなわけで、ごまかしが効かないわけで、まさにそうしたものが圧倒的なエネルギーで迫ってきました。

何と言ったらいいか。照明にしろ、衣装にしろ、色合いが全てに上品で美しい。綺麗という言葉だけではない上質さが伝わってきました。

そして踊りの見事さとテンポ、構成の見事さ。熊川哲也氏のセンスが冴え渡った演出なんだろうと思います。

なんだか、舞台を見終わった今も、心が弾むような高揚感が残ってます。こういう舞台は演劇にしろなんにしろなかなか出合えない。今日は、心の充電をさせてもらった、そんな舞台でした。

あまりに素晴らしくて、思わずブログを更新してしまいました。ずっと放置続きのブログを更新させるくらいww、そのパワーが凄かった。素敵な舞台を見れて感激でした。
[PR]
# by e-mars | 2013-03-07 18:51 | 日常の出来事